Now Loading

鹿児島県・
出水地域は
柑橘栽培の
一大産地
そして、世界で
唯一の1万羽も
ツルが渡来する地
としても有名です
鹿児島県は南北に長く、気候が温帯・亜熱帯・冷温帯の3つもあるそうです。それぞれの地域にあった様々な果物が栽培されています。その中でも北西部に位置する出水市・阿久根市・長島町の2市1町を区域とするJA鹿児島いずみが管轄する地域は、県内一の柑橘の産地です。また、出水市荒崎はツルが1万羽も渡来する地として「特別天然記念物鹿児島県のツル及びその渡来地」に国から指定を受けているそうです。毎年10月中旬から渡来し、翌3月末ころまで滞在するので、柑橘が最盛期を迎える時期と重なり「旬の柑橘を出水で味わいながら、ツルを見物する」という素敵な事も可能なんですよ。
大将季
出水地域を代表する
かごしまブランドの
「大将季
(だいまさき)」
「紅甘夏」に
注目です
出水地域で発見された「大将季(だいまさき)」と「紅甘夏」は、それぞれ見た目も味わいも違います。「大将季」は冬に、「紅甘夏」は春に楽しめるので、出水地域で出荷される美味しい柑橘が、長い期間味わえます。信頼と高品質が認められた生産者が作る、県が定めた基準をクリアした品目だけに認証される「かごしまブランド」として出荷されています。
紅甘夏 大将季
鮮やかな紅色の
果皮と果肉
コクのある
味わいの
県オリジナル品種
「大将季」
ヘタの周辺がぽこっと盛り上がった独特な形が特徴的な柑橘で知られる「不知火」の突然変異で、枝変わりとして誕生しました。名前は発見した生産者大野さんの息子さんの名前から取ったそうです。子供のように愛情を込めて、栽培していた事が伺えます。種が少なく皮が剥きやすく、薄皮も感じないほどの柔らかさ、そして大玉なので食べごたえも十分。一番の特徴でもある赤みのある、鮮やかな果皮と果肉が目を惹きます。剥いた瞬間に柑橘特有の香りが立ち、甘みたっぷりの中にも、程よい酸味の絶妙なハーモニーが口いっぱいに広がります。
大将季
「大将季」が
美味しい理由
それは作り手が
丹精込めて
育てたからこそ
実際どのように「大将季」が栽培されているのか、デコポン専門部 会長の大塚雄二さんの園地で見学させて頂きました。圃場は海から2kmほどに位置しているので土壌には、ミネラルがたっぷりあるそうです。恵まれた土に加え、太陽の光、肥料の絶妙なバランス、そして生産者大塚さんの技術が合わさって、はじめて良質な「大将季」の収穫が出来るのが分かりました。温度管理もとても繊細で、朝と夜の寒暖差によって、特徴でもあるデコの大きさが変わるんだとか。収穫間近になると1個300g以上の重さになるので枝が折れないよう、S字フックを使って紐で支えるなど、手間暇かけて美味しい「大将季」を出荷しています。果形はシンメトリーの美しい形ほど、果肉も均等になっているので、食味が優れているそうですよ。
デコポン専門部 会長 大塚雄二さん
「大将季」の出回り時期

11月下旬〜12月までが加温のハウス、
1月〜2月は無加温のハウス、
2月〜4月までは露地栽培が出回ります。
暖かくなって来た
春にピッタリな
爽やかな食味が
特徴の「紅甘夏」
「甘夏」の枝変わりとして、出水地域で発見された「紅甘夏」は、従来の「甘夏」と比べて酸味も少なく、果皮、果肉ともに赤みが強く鮮やか。露地で栽培されているので、太陽光をたっぷりと浴びて育っていますが、陽が部分的に当たり過ぎると、変色してしまうことがあるそう。果皮がきれいに色づくよう、テープなどを貼って保護しているそうです。さらに多く実る果実を、しっかり摘果する事で、木自体の負担を軽減し、果実のサイズを大きくするなど、生産者が手塩にかけて育てています。

紅甘夏
国産柑橘が
出回らなくなる
4月からも
楽しめるのが
「紅甘夏」の
1番の魅力
「紅甘夏」は12月頃から収穫が始まりますが、収穫後は必ず貯蔵します。貯蔵することで、まろやかな味わいになるそうです。酸度が高めなので、貯蔵性に優れていることもあり、5月まで楽しめるのが最大の魅力です。暖かくなって来る4月の陽気には、爽やかでさっぱりとした食味を求めたくなりますよね。その時期には、なかなか国産の柑橘が手に入らないと思うのですが、「紅甘夏」なら味わえるので嬉しいですよね。果形は扁平型、ほのかな甘みと適度な酸味、少しだけほろ苦く口に入れた時に広がる香りが、春の訪れとともに楽しめます。
紅甘夏
「紅甘夏」の出回り時期

2月〜5月までが出回り時期ですが、4月〜5月が旬です。
「紅甘夏」の
枝変わりで
発見された
「紅さわ香」を
要チェック
「紅甘夏」の枝変わりとして出水地域で誕生したのが、2017年に品種登録された「紅さわ香」。「紅甘夏」よりも果皮と果肉の赤みがさらに強いのが特徴です。まだ出荷量が少ないので、もし見かけた時は貴重なので、ぜひ食べてみてください。出回り時期は2月〜4月です。

紅さわ香